【大熊町】風しんワクチン予防接種費用の助成について

風しんの免疫を持たない女性が妊娠中に風しんにかかると、生まれてくる赤ちゃんに、難聴・先天性心疾患・白内障などの症状(先天性風しん症候群)が現れる可能性があります。
大熊町では風しんの流行拡大を防ぎ、妊婦と赤ちゃんを守るための対策として、次に該当する方に対して、ワクチン接種費用を助成します。

助成対象者

接種当日、大熊町に住民票があり、次の1または2に該当する方

  1. 妊娠を予定または希望している女性
    ※注意…妊娠中の方は接種できません。妊娠の可能性の ない月経中などに接種することをお勧めします。接種後2カ月は避妊が必要です。
  2. 妊娠している女性の配偶者
    ※ただし、次の方は除きます。

    • 過去に風しんを含むワクチン接種を2回受けたことがある方
    • 過去に風しんにかかったことがある方
    • 抗体検査を実施し、風しんの抗体があることを確認している方
      (以前に妊娠したことがある方は、妊娠の検査記録をご確認ください。)

実 施 期 間

平成25年8月1日から

助成期間

平成25年4月1日~平成26年3月31日

助成額

全額(償還払い)

助成回数

1人1回
(麻しん風しん混合(MR)ワクチン、または風しん単独ワクチンのいずれか1回)

助成金申請時に必要な書類

  1. 大熊町任意予防接種助成金交付申請書(風しんワクチン用)(※必ず朱肉での押印)
  2. 領収書(※必ず原本)
  3. 妊婦の配偶者の場合は、母子健康手帳の写し
    (※保護者の氏名が記載されている欄)

※大熊町予防接種助成金交付申請書(風しんワクチン用)は大熊町公式ホームページからダウンロードできます。

お問い合わせ先

大熊町役場会津若松出張所 保健センター
フリーダイヤル:0120-26-3844(代表)



他の記事