【いわき市】風しん予防接種の接種費用の助成について

いわき市では、先天性風しん症候群を予防するため、MR(麻しん風しん混合)ワクチン、または風しんワクチンの接種に対して接種費用を助成します。

【いわき市】風しん予防接種の接種費用の助成

【いわき市】風しん予防接種の接種費用の助成 案内(PDF 138KB)

先天性風しん症候群とは・・・

妊娠中に妊婦さんが風しんのウイルスに感染すると、赤ちゃんが心疾患、難聴、白内障等の障がいをもって生まれてくることがあります。

助成内容について

助成対象者

いわき市に住所を有し、1、2に該当する方

  1. 妊娠を予定または希望している女性
    (注)妊娠中の女性は接種できません。また、接種後2ヶ月は避妊が必要です。
  2. 妊娠している女性の配偶者
    ※ただし、以前の妊娠時に抗体があることを確認している方、既に抗体がある方(風しんの罹患歴のある方等)、MRワクチンまたは風しんワクチンを2回接種している方等は除きます。

実施機関

平成25年7月1日から

助成額

全額

助成回数

1人1回(MRワクチンまたは風しんワクチンのいづれか1回)

助成期間

平成25年4月1日~平成26年3月31日まで
(平成25年3月31日までに接種した方は該当しません)

接種場所

市内登録医療機関

接種に必要なもの

  • 住所・氏名が確認できる書類(運転免許証、健康保険証等)
  • 予診票(医療機関に設置してあります)
  • 対象者2(妊娠している女性の配偶者)の方は、妊婦の親子健康手帳の写し(1ページ)も必要です。

助成の受け方

市内登録医療機関へ予約し、接種してください。

平成25年4月1日から平成25年6月30日までに既に接種した方へ

助成の対象となる方へは、市の助成額を上限として払い戻し(償還払い)を行います。

必要書類

  • 請求書、印鑑、予診票(写しでも可)、領収書の原本、通帳(1ページ目)の写し
  • 対象者2(妊娠している女性の配偶者)は、妊婦の親子健康手帳の写し(1ページ目)も必要です。

申請窓口

各地区保健福祉センター 保健係
郵送申請も可能です。

請求期限

平成26年3月31日(月)まで

平成25年7月1日以降に市外の医療機関で接種する方へ

事前に申請が必要です。事前の申請がない場合は、助成の対象外となる場合があります。
申請後、医療機関への依頼書と予診票を交付します。依頼書と予診票を持参し、接種してください。
接種後に、市の助成額を上限として払い戻し(償還払い)を行います。

必要書類

  • 申請書、印鑑
  • 対象者2の方は、妊婦の親子健康手帳の写し(1ページ目)も必要です。

申請窓口

各地区保健福祉センター 保健係

申請場所のご案内

場所 電話 郵便番号 住所
平地区保健福祉センター
保健係
(0246)
22-7621
 970-8686 いわき市平字梅本21
小名浜地区保健福祉センター
保健係
(0246)
54-2111
 971-8162 いわき市小名浜花畑町34-2
勿来・田人地区保健福祉センター
保健係
(0246)
63-2111
 974-8232 いわき市錦町大島1
常磐・遠野地区保健福祉センター
保健係
(0246)
43-2111
 972-8321 いわき市常磐湯本町吹谷76
内郷・好間・三和地区保健福祉センター
保健係
(0246)
27-8692
 973-8408 いわき市内郷高坂町四方木田191
四倉・久之浜大久地区保健福祉センター
保健係
(0246)
32-2114
 979-0201 いわき市四倉町字西四丁目11-3
小川・川前地区保健福祉センター
保健係
(0246)
83-1329
 979-3122 いわき市小川町高萩字下川原15

郵送申請をする場合

次の必要書類と返信先住所を記載した封筒、80円切手を同封のうえ、管轄する地区保健福祉センター保健係へ郵送してください。

必要書類

風しん緊急対策予防接種実施依頼書交付申請書、対象者2(妊娠している女性の配偶者)の方は、妊婦の親子健康手帳の写し(1ページ目)も必要です。
※申請を受理後、依頼書と予診票を同封し返送いたします。余裕を持って申請してください。

関連情報

お問合せ

いわき市保健所 地域保健課感染症対策係
電話:0246-27-8595 ファクス:0246-27-8607



他の記事