茶の放射性物質の検査結果について(平成25年度)

2013年05月29日
新潟県にて茶の放射性物質の検査が行われ、その結果についてお知らせします。

荒茶 (単位:ベクレル/kg)

 

検査日 品目 産地 放射性セシウム 放射性ヨウ素
セシウム134 セシウム137 ヨウ素131
5/29 荒茶 村上市 検出されず
(0.7未満)
検出されず
(0.9未満)
検出されず
(1.6未満)
検出されず
(0.6未満)
食品衛生法の規格基準(飲用に供する茶) 10 基準なし

 カッコ内の数値「○未満」の○は検出限界値を表す

表の値について

 荒茶を30倍量の重量の熱水90℃で60秒間浸出し、40メッシュ相当のふるい等でろ過した浸出液を測定した値です。この値は食品衛生法の規格基準として適用されます。
 表中の「検出されず」という表記は検出限界値が○ベクレル/kg測定で,放射性セシウムが検出されなかったことを意味します。

検出限界値とは

 測定において検出できる最小値であり放射性物質の測定では、同じ機器で測定しても検体毎に検出限界値は変動します。
 検査対象の核種毎に定量下限値5ベクレル/kg未満であった場合「検出されず」としていましたが、平成24年9月3日から検出限界値を「検出されず(  未満)」と表記するように変更しました。

 

照会先

Facebook にシェア
LINEで送る
[`evernote` not found]


他の記事