被災3県の雇用状況について(平成25年10月分)

岩手県、宮城県及び福島県の被災3県について、現在の雇用状況は以下の通りです。

被災3県の雇用情勢

概況

  • 被災地の雇用情勢は、復興需要等による有効求人数の増加、人口減少、就職決定等による有効求職者の減少により、有効求人倍率が3県ともに1倍以上となっており、雇用者数は震災前の水準まで回復しているが、沿岸部では、有効求人倍率は高いものの、人口減少、復旧・復興の遅れにより、雇用者数が震災前の水準まで回復していない地域もある。
  • 産業別に見ると、製造業、サービス業で産業別新規求人が好調。建設業等でミスマッチ。
  • 復興関連求人の確保、当面の雇用の確保、本格的な雇用の創出を図るとともに、求職者の状況を踏まえた的確な職業紹介に努める。また、地域の基幹産業である食料品製造業(水産加工業)等について求人の充足に努める。
131029-001_01 131029-001_02

131029-001_03 131029-001_04

131029-001_05 131029-001_06

131029-001_07 131029-001_08

131029-001_09 131029-001_10

131029-001_11 131029-001_12

131029-001_13

資料のダウンロードはこちら



他の記事