【山形市 11/24】福島の皆さんと語ろう

 福島の皆さんとは、昨年から今年にかけて畑作業や収穫、芋煮会、忘年会、ちょっとしたハイキングなどのお楽しみ会を継続して行ってきました。

 この研修会では、心の問題を扱ってみようと思います。山形に避難を決意された迷い、不安、決意のこと、山形に避難されてからの生活の急変のこと、別れて暮らすことになったご夫婦のこと、小中学生に育った子どもさんの動揺や不適応のこと、そのために生じる新たな苦悩や迷い、二重にも三重にも心にかぶった鎧・・。

 東日本大震災の被災者のみならず、私たち多くの山形県民も、被災を受けたわけでもないのに”心の病”に落ち込むケースが激増しています。
日本全国に広まっているこの”心の病”と福島の皆さんの苦悩とは同一のものではありませんが、いずれにも多くの人々がそのような精神的状況にあることは確かです。

私たち山形県民や全国の人々に”心の病”についても、皆さんと一緒に考えてみようと思います。

 お気軽にご参加ください。ご主人も一緒に、この問題にも取り組んでいただきたいと思います。
この研修会によって、少しでも心の中の重たい帳が取れ、心の中に、ホッとした救いになるものが得られたらと願っています。ひとりでも多くの方のご参集をお願いいたします。
お友達にも声をかけてください。

日時

11月24日(日)13:30~15:30

場所

山形市立図書館2階 集会室(山形市小荷駄町7-12)

大きな地図で見る

参加費

無料

申込み

TEL:023-641-7140(11月12日締切)

※小さいお子さんは、1階の図書館で絵本を見て過ごすことができます。

主催

自然と人間を学ぶ会



他の記事