2月28日までのホールボディーカウンタによる内部被ばく検査の実施状況について

  • 平成25年2月分の県が実施している内部被ばく検査結果は下記のとおりで、全員、健康に影響が及ぶ数値ではありませんでした。
  • 検査は、18歳以下の子ども、妊婦を優先に検査を実施しています。
平成25年2月分 検査人数  6,614人
検査結果

預託実効線量

1mSv未満  6,614人(全員)

実施機関別

県(直営)  4,812人

日本原子力研究開発機構(委託)  1,754人

南相馬市立総合病院(委託)  6人

新潟県放射線検査室(委託)  38人

弘前大学附属病院(委託)  4人

平成23年6月~平成25年2月 検査人数  118,930人
検査結果

預託実効線量

1mSv未満  118,904人

1mSv  14人

2mSv  10人

3mSv  2人

  • 3月の検査実施市町村は次のとおりです
    • 県 内 : 郡山市、白河市、楢葉町、富岡町、大熊町、双葉町、浪江町、葛尾村、いわき市
    • 新潟県 : 本県から新潟県に避難されている方
    • 青森県 : 本県から青森県に避難されている方
    • 広島県 : 本県から広島県等に避難されている方
    • 栃木県 : 本県から栃木県に避難されている方
  • 4月の検査予定市町村は次のとおりです
    • 県 内 : 福島市、白河市
    • 新潟県 : 本県から新潟県に避難されている方
    • 青森県 : 本県から青森県等に避難されている方
    • 広島県 : 本県から広島県等に避難されている方
    • 長崎県 : 本県から長崎県等に避難されている方

資料

青森県におけるホールボディカウンターによる内部被ばく検査の実施について

東京電力福島第一原子力発電所での事故発生当時に福島県内に居住し、その後、青森県内に避難された方でこれまで検査を受けていない方を対象としたホールボディカウンターによる内部被ばく検査を実施しています。詳しくは、こちらをご覧ください。

新潟県におけるホールボディカウンターによる内部被ばく検査の実施について

東京電力福島第一原子力発電所での事故発生当時に福島県内に居住し、その後、新潟県内に避難された方でこれまで検査を受けていない方を対象としたホールボディカウンターによる内部被ばく検査を実施しています。詳しくは、こちらをご覧ください。

ホールボディカウンタ測定の評価について

平成24年2月1日以降のホールボディカウンタ測定については、こちらをご覧ください。



他の記事